介護職員初任者研修の資格・通信講座

試験が導入され、難易度の高くなった「介護職員初任者研修」 より確実に短期間で資格取得をめざすなら?ホームヘルパー2級の⇒介護職員初任者研修についてまとめました。

介護職の資格一覧

介護職員初任者研修とは?どんな資格?

介護職員初任者研修とは、2013年4月から始まった介護の新しい資格になります。
ホームヘルパ1級・2級・3級資格がすべて廃止され、ホームヘルパー2級に変わり介護職員初任者研修がスタートしました。
介護業界の入門資格といわれ、今までに介護に関わった事のない人でも、即戦力となれるように介護の基礎知識・ノウハウ・実技を学びます。
介護職員初任者研修は、130時間の研修を受け(通信講座・スクーリング)修了試験に合格しなければなりません。

介護職員初任者研修修了後は、介護・福祉業界に就職をめざします。

高齢化の今、介護業界は深刻な人材不足。

無資格でも働けるとは言われていますが、やはりどの求人を見ても介護の資格を持っている人を応募資格にしている勤務先が多いです。
正しいスキルと技術をもった介護職員初任者研修修了者なら、幅広い勤務先を選ぶ事ができます。

介護職員初任者研修修了後のステップアップ

介護職員初任者研修修了後は、介護の現場で実務経験を積み介護福祉士・ケアマネージャーといった国家資格・上位資格を目指し、収入アップと将来の可能性を広げましょう。

介護福祉士へのステップアップは以下のようになっています。

介護職員初任者研修
介護職員初任者研修課程→介護福祉士養成のための実務者研修(450時間)介護福祉士

介護福祉士の受験資格は、実務経験3年以上と450時間の実務者研修が必須になります。

介護職員初任者研修講座一括資料請求

シカトル

「シカトル」は医療・介護に特化した講座専門サイトです。
医療・介護の資格なら「シカトル」がどこよりもたくさんの講座情報をまとめて無料資料請求できます!
費用・受講内容を比較し、自分にあった講座を選んでください!

ケイコとマナブ

ケイコとマナブ.net
福祉⇒ホームヘルパー(介護職員初任者研修)で検索♪
近くの教室をまとめて比較&無料資料請求できます!

 

★ネットではわかりにくい情報も資料請求でしっかり確認できます★
資料請求は無料です!

介護職員初任者研修とホームヘルパー2級資格の違い

2013年(平成25年)4月でホームヘルパー2級が廃止され新しくスタートする介護職員初任者研修ですが、二つの資格の違いをまとめてみたいと思います。
まず、大きく変わった点は、ホームヘルパー2級は130時間の研修と施設実習さえ受ければ資格を取得できましたが、介護職員初任者研修は研修時間130時間に加え、修了試験必須になりました。
施設の実習はなくなりましたが、スクーリングの指導は義務つけられています。
ホームヘルパー2級よりも難易度が上がり、介護職員のレベルアップを図るのが目標とされています。

 

ただし、ホームヘルパー2級資格が廃止された後も、無効にはなるというわけではなく、今後も資格として継続されます。
(今後はホームヘルパー2級の資格が取れなくなるというだけです。)

-介護職の資格一覧
-, , ,