介護職員初任者研修の資格・通信講座

試験が導入され、難易度の高くなった「介護職員初任者研修」 より確実に短期間で資格取得をめざすなら?ホームヘルパー2級の⇒介護職員初任者研修についてまとめました。

介護職の資格と仕事

介護職・訪問介護の仕事内容

介護職の訪問介護とは、ホームヘルパーが介護を必要とされる利用者のお宅に訪問し、「家事援助・身体介護・相談助言」といった介護を必要とする利用者の日常をサポートするのが基本的な仕事内容になります。
ホームヘルプとも呼ばれています。

介護職は肉体労働で、利用者を見守り気持ちを考え、細やかな気配りや心遣いが必要になります。
ここでは、訪問介護の基本的な仕事内容「生活援助・身体介護・相談助言」について紹介したいと思います。

生活援助(家事援助)とは
食事の用意・片づけ、洗濯、掃除、生理整頓、生活必需品の買い物、薬の受け取りの代行など家事全般と日常生活をサポートします。
ホームヘルパーは家政婦ではありませんから、本人以外の家族の部屋の掃除や料理等のサービスはしません。

身体介護とは
食事の介助や排泄介助、衣類の着脱介助、入浴(部分浴)介助、身体の清拭、散歩、通院の介助、車いす移乗など利用者が日常的に困難なことをサポートします。

相談助言とは
介護が必要な本人とその家族に対して生活や介護についての相談・助言を行います。
介護職の仕事は、できるだけ介護利用者が自立した日常生活を過ごせるよう、支援をします。
日ごろから、コミュニケーションを大切にし、信頼関係を築いておくことが必要です。

介護職は慢性的な人材不足です。
今後も施設の数は増え、求人も増加し続け、よりホームヘルパー(介護ヘルパー)は必要不可欠な存在になっていくことでしょう。

訪問介護の仕事・対象外
ホームヘルパーは家政婦ではありません。
訪問介護はあくまでも介護が必要とされる本人をサポートしますので、本人以外の家族の家事代行などは行いません。
例えば、利用者の部屋以外の家族の部屋の掃除・料理・庭の草むしり・おせち料理や大掃除など普段行わない家事など
などはヘルパーの仕事ではありません。
家族が同居している場合は、生活援助のみのサービス提供は行わない場合もあります。

訪問介護の仕事に資格は必要?

看護師や医者のように、この仕事に就くためにはこの免許や資格が絶対に必要というわけではありませんが、ほとんどの人が、ホームヘルパー2級の資格を持って働いています。
(ホームヘルパー2級は廃止され、変わりに介護職員初任者研修という新しい制度に変更されました)
介護の現場が初めてなら特に介護職員初任者研修は受講しておきたいですね。
介護職員初任者研修から、実務経験を重ね、介護福祉士など上位資格を目指せます。


介護の資格・通信講座資料請求比較ならこちら
BrushUP学び

医療・福祉・介護・保育
通信講座・近くのスクールをまとめて比較&無料資料請求できます!
費用・受講内容を比較し、自分にあった講座を選んでください!介護職求人情報はこちら


カイゴジョブは介護・福祉の求人サイトです。
ホームヘルパー・介護職・介護福祉士など一般の求人情報サイトよりも圧倒的に求人情報が集まっています。

-介護職の資格と仕事
-, , , ,