介護職員初任者研修の資格・通信講座

試験が導入され、難易度の高くなった「介護職員初任者研修」 より確実に短期間で資格取得をめざすなら?ホームヘルパー2級の⇒介護職員初任者研修についてまとめました。

介護福祉士の基礎知識

介護福祉士の受験資格・実務経験とは

介護福祉士の国家試験を受験するには、3年以上の介護等の業務実務経験が必要です。
3年以上の介護等の実務経験とは、特別養護老人ホームや介護施設の介護職員・指定訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)など介護等の業務に在職期間がが3年以上・実働日数540日以上従事した肩になります。

※平成28年度(第29回)試験からは実務経験に加え、養成施設等における「実務者研修」を修了する必要があります。

正社員だけではなく、パートやアルバイトも実務経験になります。

また、介護福祉士の受験申込み時に実務経験数が足りなくても、筆記試験前日までに規定日数以上になれば、実務経験見込み者として申込みも可能です。

介護等の実務経験対象となるものとは以下の通りです。

1 児童福祉法関係の施設

知的障害児施設・自閉症児施設・知的障害児通園施設・盲児施設・ろうあ児施設・難聴幼児通園施設・肢体不自由児施設・放課後等デイサービス・障害児入所施設・児童発達支援センター等

2 老人福祉法・介護保険法関係の施設

老人デイサービスセンター・老人ホーム・ケアハウス・介護老人保健施設・訪問介護等

3 障害者自立支援法関係の施設

障害者支援施設・療養介護・生活介護・児童デイサービス・福祉ホーム・共同生活介護(ケアホーム)・共同生活援助(グループホーム)・知的障害者援護施設・身体障害者更生援護施設・身体障害者自立支援事業等

4 生活保護法関係の施設

救護施設・更生施設

5 その他の社会福祉施設等

地域福祉センター・隣保館デイサービス事業・家政婦紹介所等

6 病院の病棟または診療所

指定介護療養型医療施設(療養病床等に限る)・老人性認知症疾患療養病棟 介護力強化病床により構成される病棟または診療所
・精神病床により構成される病棟または診療所・療養病床により構成される病棟または診療所・一般病床により構成される病棟または診療所等

7 介護等の便宜を供与する事業

介護福祉士実務経験の詳細については必ず公益財団法人社会福祉振興・試験センターに確認してください。

介護福祉士受験資格・実務経験に数えられないもの

介護福祉士国家試験の実務経験に数えられないものは、

社会福祉施設
・生活支援員(生活指導員)、生活相談員などの相談援助業務を担当する者
ただし障害者自立支援法関係の施設・事業において業務分掌上介護等の業務を行なうことが明記された、主たる業務が介護等の業務である場合は除きます。
・児童指導員
ただし保育士として入所者の保護に直接従事した後児童指導員となり、その後も引き続き同じ内容の業務に従事している場合は除きます。

・心理指導担当職員
・作業指導員
・職業指導員

社会福祉施設や病院・診療所
医師、看護師、准看護師理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの機能訓練担当職員
介護支援専門員、調理員、栄養士、事務員、運転手、計画作成担当者等

・法人の代表者、施設長、所長など代表者
ただし、代表者が介護等の業務に従事している場合は、その期間と日数が対象になります。

他にも、保育士(児童デイサービス)・生活支援員・看護助手など対象にならない場合もありますので、護福祉士実務経験の詳細については必ず公益財団法人社会福祉振興・試験センターに確認してください。

介護福祉士国家試験・実務経験の証明書

介護福祉士国家試験を受験するためには、実務経験証明書の提出が必要になります。
証明書は、勤務先・または過去に勤務していた施設や事業所の代表者に実務経験証明書を発行してもらいましょう。
実務経験が申込み時に足りなくても、試験の前日までに規定日数を超えれば、実務経験見込み者として申込みができます。
この場合も実務経験見込証明書が必要です。

 

介護福祉士試験対策なら通信講座で

BrushUP学び

医療・福祉・介護・保育
介護福祉士通信講座をまとめて比較&無料資料請求できます!
同じ受験対策通信講座でも費用・内容など違いがあります。
資料を比較し、しっかり比較検討してくださいね。

 

シカトル

「シカトル」は医療・介護に特化した講座専門サイトです。

-介護福祉士の基礎知識
-, , , ,