介護職員初任者研修の資格・通信講座

試験が導入され、難易度の高くなった「介護職員初任者研修」 より確実に短期間で資格取得をめざすなら?ホームヘルパー2級の⇒介護職員初任者研修についてまとめました。

介護職員初任者研修の基礎知識

介護職員初任者研修の資格とは・カリキュラム内容

介護初任者研修とは、介護の仕事に関わるための入門的な資格であり、介護の基本的な知識やノウハウを身につけます。
介護の現場で働くには、必須の資格となります。
元々、介護の入門的な資格として世間に認知されていたのがホームヘルパー2級でしたが、2013年(平成25年)4月で廃止となりました。
ホームヘルパー2級が廃止され、それに変わってスタートしたものが介護初任者研修になります。

高齢化社会が進み、介護サービスに対する需要ますます増えていくでしょう。

 

介護職に就職をするならまずは介護初任者研修を受け、資格を取得しましょう。

 

↓↓介護職員初任者研修の講座一括資料請求!↓↓

「シカトル」は医療・介護に特化した講座専門サイトです。

費用・受講内容を比較し、自分にあった講座が選べます。

資料請求は無料です。

介護職員初任者研修・資格取得方法

介護職員初任者研修はまず、130時間の介護職員初任者研修カリキュラムを受講し、試験に合格する必要があります。
カリキュラムが受講できる講座は全国で開講しています。
カリキュラムを受講するのに、特別な条件はありません。

 

まずは資料を請求し比較検討してみてください。
通信講座でも資格取得可能です。

 

↓↓介護職員初任者研修の講座一括資料請求!↓↓

「シカトル」は医療・介護に特化した講座専門サイトです。

費用・受講内容を比較し、自分にあった講座が選べます。

資料請求は無料です。

介護初任者研修カリキュラム内容

介護初任者研修のカリキュラム内容は以下の通りです。

 

・職務の理解 :6時間
・介護における尊厳の保持・自立支援 :9時間
・介護の基本 :6時間
・介護・福祉サービスの理解と医療との連携 :9時間
・介護におけるコミュニケーション技術 :6時間
・老化の理解 :6時間
・認知症の理解 :6時間
・障害の理解 :3時間
・こころとからだのしくみと生活支援技術 :75時間
・振り返り :4時間

 

合計 130時間
・厚生労働省のPDFファイルより

-介護職員初任者研修の基礎知識
-, ,