介護職員初任者研修の資格・通信講座

試験が導入され、難易度の高くなった「介護職員初任者研修」 より確実に短期間で資格取得をめざすなら?ホームヘルパー2級の⇒介護職員初任者研修についてまとめました。

介護職員初任者研修の基礎知識

介護職員初任者研修の資格まとめ

介護職員初任者研修は介護業界で働くための入門的な資格になります。
今までは介護の仕事に就くならホームヘルパーと、認知度も知名度も浸透していましたがホームヘルパー2級は2013年(平成25年)4月で廃止となりました。
これからは介護職員初任者研修と変更されます。

介護職員初任者研修資格取得方法

まず、130時間の介護職員初任者研修カリキュラムを受講し、試験に合格する必要があります。

カリキュラムが受講できる講座は全国で開講しています。
カリキュラムを受講するのに、特別な条件はありません。
まずは資料を請求し比較検討してみてください。
通信講座でも資格取得可能です。

↓↓介護職員初任者研修の講座一括資料請求!↓↓

介護職員初任者の仕事と就職先

高齢化がすすみ、介護施設が増え、スキルの高い介護職員は更に必要とされます。
個人宅から介護施設、医療機関、老人ホームなど介護職員初任者が必要とされる職場は数多くあります。
要介護者に対し、入浴、排せつ、食事等の身体介護サービス。
掃除・調理・洗濯・買い物・通院介助等の生活援助サービスを行います。

ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修に変更される理由

そもそも、なぜホームヘルパー2級から介護職員初任者研修に変更されるのでしょうか。

理由1
介護職の一定レベルを維持するため

理由2
介護福祉士キャリアパス一本化するため

「介護職員初任者研修課程」からスタート⇒、「実務者研修」「介護福祉士」というようにキャリアパス(上位資格へのステップアップルート)を一本化に。

今までは上位資格「介護福祉士」を目指すステップアップルートが複雑だったものを、シンプルでわかりやすくすることで、介護職に就いている方の目標を立てやすくなりました。

介護制度キャリアパス一本化

変更はホームヘルパー2級⇒介護職員初任者研修だけではなく介護の制度自体が大きく変更されます。

キャリアパス一本化
国家資格介護福祉士へのキャリアアップを目指すために進むルートをシンプルにすることでよりわかりやすくなりました。

介護制度キャリアパス一本化

介護職員初任者研修⇒実務者研修⇒介護福祉士⇒認定介護福祉士(仮)と一本化されることにより、今まで複雑だった介護福祉士へのキャリアパスがわかりやすくなります。

 

介護職員初任者研修講座費用などもっと詳しく知りたい方はこちら!

シカトル

「シカトル」は医療・介護資格に特化した通信講座専門サイトです。
医療・介護の資格なら「シカトル」がどこよりもたくさんの講座情報をまとめて無料資料請求できます!
費用・受講内容を比較し、自分にあった講座を選んでください!

ケイコとマナブ

ケイコとマナブ.net
福祉⇒ホームヘルパー(介護職員初任者研修)で検索♪
近くの教室をまとめて比較&無料資料請求できます!

★ネットではわかりにくい情報も資料請求でしっかり確認できます★
資料請求は無料です!

-介護職員初任者研修の基礎知識
-, ,